WiMAXキャッシュバック比較.com

全プロバイダの料金比較で最安値を見つける

WiMAXと使い放題の格安SIMを徹底比較!本当に使えるのはどっち?

2016/9/26 2016/09/29

WiMAXは月の通信容量が無制限のデータ通信サービスですが、最近では格安SIMを提供するMVNO各社もデータ通信使い放題のプランを出してきています。

WiMAXのようなモバイルルーターを持つ以外にも、SIMフリールーターに使い放題のSIMカードを挿して運用したり、使っていないスマホをテザリングでデータ通信専用端末として使ったりと、選択肢が増えてきました。

モバイル環境をどのように整えるかは、使う人の目的によって変わりますが、これらのサービスを速度や料金面、そして使い勝手から比較していきたいと思います。

WiMAXと使い放題の格安SIM比較一覧

現在使い放題のプランを出しているMVNOの一覧と、WiMAXのサービスを表にまとめてみました。

格安SIMはもちろん音声通話付きプランもありますが、ここではデータ通信SIMの場合の料金で比較しています。

サービス名 最高速度 月額料金 速度制限
WiMAX 375Mbps 3,609円(7GB/月)
4,269円(ギガ放題)
3GB/3日
U-Mobile 375Mbps 2,480円 大量通信時
混雑時
DTI 225Mbps 2,200円 非公開
ぷらら 3Mbps 2,780円 混雑時
UQ Mobile 500Kbps 1,980円 なし

WiMAX・U-Mobile・DTIに関しては、モバイルデータ通信としては十分な速度が記載されています。

ただ、どれもベストエフォート方式での記載のため、実際の速度はここまで出ることはありません。

それでも、速度的には十分で動画の視聴も楽々できてしまいます。

対して、同じ使い放題でもぷららモバイルやUQ Mobileは最大速度が大幅に抑えられているのが特徴です。

特にUQ Mobileの使い放題は、料金は安いですが500Kbpsの速度だと、動画視聴は厳しくなりますし、通常のインターネット接続にも少しストレスを感じる速度です。

同じUQが提供しているサービスですが、WiMAXの高速大容量通信とは対照的な内容になっています。

ポイントは速度制限時にどれだけ使えるか

上記の表を見ると、WiMAXの月額料金だけ少し割高に見えます。

もちろんWiMAXも、キャッシュバックを利用すれば、実質の月額料金ではあまり違いはありません。

ですが、相対的にWiMAXの方が基本の料金が高く設定されています。

それは通信制限時の速度に関係しています。

WiMAXは7GBプランを使っても、ギガ放題プランを使っても3日で3GBを越えると通信量オーバーによる速度制限がかかってしまいます。

ギガ放題プランにすると、月の通信量に制限はないのですが、3日で3GBまでの制限は変わらず存在します。

これだけ聞くと、使い放題の格安SIMと比較して、WiMAXを契約するメリットは内容に思えてしまいますが、実はそうではありません。

使い放題のデータ通信の中で、WiMAXだけが唯一速度制限時でも、6〜8Mbps程度の速度をキープしてくれるからです。

格安SIMは制限時の速度に難あり

対して格安SIMはというと、正確に公開されている具体的な通信量はありませんが、ほとんどの業者が大量の通信を行った場合や、時間帯によって速度を制限する。と記載してSIMを販売しています。

この速度制限はWiMAXの様なものではなく、一気に128Kbpsにまで落とされてしまいます。

現在携帯各社が通信量オーバーの速度制限には、この様な対応をしていて、格安SIMでもそれは変わりません。

料金も安く、通常時の通信速度はとても早い格安SIMですが、用途によっては少し考えて契約しなければいけません。

特にモバイルルーターにSIMカードを挿して、外出先でも自宅やオフィスと同じ様にWiFi通信を行いたいのであれば、格安SIMでは役不足でしょう。

反対に、時々外でインターネットを使用するために、一応持っておきたいという様なライトなニーズには、WiMAXよりもおすすめです。